特定の人は

中学生に教えるバスケットボール鉄板技ブログ > 地域 > 特定の人は

特定の人は

2014年11月 8日(土曜日) テーマ:地域

特定調停という方法も任意整理による手続きと変わりなくそれらの債権者へ支払いを行うことを選ぶ借金を整理していく形です。

 

わかりやすくいうなら裁判所が関係する負債整理となります。

 

特定調停も任意整理による処理とほぼ同じく、破産宣告とは違い一部の負債だけを整理することが可能ですので、他の保証人が付く負債額を除いて手続きしていく際や住宅ローンを除いて検討していく際などにおいても使用することが可能ですし築き上げてきた資産を処分する必要がないため、株式や有価証券自分の資産を保有していて手放してしまいたくない場合でも活用できる債務整理の手順といえるでしょう。

http://11furisode.com/

しかし、手順を踏んだ後の返済に必要となる額と現実として可能な所得を比較検討し適切に返済の計画が立つようなら特定調停による手続きを取るほうが良いといえますが破産申告とは異なって負債そのものが消えてしまうわけではありませんので借入金の総額が多い状況では、残念ながらこの方法での手続きを踏むのは難しくなるということがいえるでしょう。

 

いっぽう、国の機関が介入することになりますので弁護士事務所などにお願いしなくてもリスクが増えることがないということや、手続きにおいての諸経費を削減できるというポイントは良いのですが取り立てに対し債務者自らが対処しなければならない点に加え、実際に裁判所に数回おもむくことが必要になる等の注意点もあります。

 

任意整理による処理に対して最終的に解決できないような場合は利子をすべて含めた金額で払っていく必要があるといった点や結果としては債権を持つものに対し払っていく合計額が任意整理と比較して割増しになることがあるなどの点もあります。